忍者ブログ
中国・蘇州在住のヒッキーで、オタクなオバサンの日常
秋になると読みたく、聞きたくなるお話です。



あさのあつこさんは、児童文学~一般小説まで幅広くご活躍の小説家ですが、
私が今まで読んだことがあるのは、『バッテリー』シリーズ、『The Manzai』シリーズと、この『神々の午睡』と、青少年向け以下のものばかりです。

神々の午睡』は、あさのさんの神話をモチーフにしたファンタジーものです。
いわゆる世界各国の神話とちがって、ファンタジーなので気軽に読めるのが気に入っています。

なぜかこの小説、秋になると読みたくなり、
まだまだ暑い日が続いているのですが、書棚から出してきて再読です。

表紙、口絵がお気に入りのCLAMPさんで、購入のきっかけの一つです。

人間よりも人間味溢れる神々たちの葛藤や生き様、人間との関わりなどがいきいきと描かれている。

と某所で評されていましたが、架空の国の神話が楽しめます。

この小説にはドラマCDがありそれを聞くのも楽しみです。
豪華なキャスト陣で、お話が一層膨らみます。

小説を読んで、ドラマCDを聞いて、また小説を読む
というのが毎回の決まり事。
早く涼しくなることを願いながら楽しみました。


~>゜)~<蛇足>~~

ドラマCD『神々の午睡』を聞くと、続いて聞くのは
あきさんの漫画『オリンポス』のドラマCD。
その名の通り神話ものです。
どちらにも梶裕貴さんがご出演で、一つを聞くと、もう一つを思い出すので
いつも一緒に聞いています。
そしてあきさん原作つながりで『歌姫』のドラマCDを聞くというのがお決まり(^^ゞです。



 
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
P R
忍者カウンター
ブログ内検索
Copyright ©  -- 月月子的日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by White Board

powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]