忍者ブログ
中国・蘇州在住のヒッキーな、オタクなオバサンの日常

調べ物をしていて見つけた古本を
古本ネット『孔夫子旧书网』で衝動買い。
『日常中国(50/60/70/80/90年代老百姓的日常生活)』(江蘇美術出版社)


80年90年だけでよかったのですが、
セットしかなかったし...
買ってから、「どうしよう!!」と(^^ゞ
でも、見たいしなぁ.....
もっと安いセットもあったのですが...


~>゜)~<蛇足>~~
出品が南京だったという事もあるのですが、
昨日オーダーして、今日届きました。
楽しんでいるところです。

マグカップを買ったお店の店員さんと話して、
昔がとても懐かしくなってしまい思わず購入したのですが、
届いて早速、楽しんでいます。


~>゜)~<蛇足>~~
かつて『老照片』という昔の写真を集めた書籍が流行りましたが、
このシリーズはそのたぐいの本です。


PR

先日『画猫・梦唐』を購入後、
歌川猫重・猫街道三拾三次』なる画集を発見、入手しました。
『東海道五十三次』のネコパロディーものです。
敢て著者と書きましょう、
著者はShu Yamamoto氏です。
解説なども、ネコ世界の作品になっていて文章もとても面白いです。



『東海道五十三次』のパロディーでは、
水木しげる氏の『妖怪道五十三次』を持っています(^^ゞ
 
↑は表紙ですが
↓は猫と妖怪版の『日本橋』


2冊を見比べて楽しんでいるのですが、
実は、オリジナルの『東海道五十三次』を持っていないことに気が付きました。
買おうかなぁ....どうしようかなぁ....
ネットで見るだけでも十分かなぁ....
悩みが増えました(^^ゞ


~>゜)~<蛇足>~~
水木しげる氏の『妖怪道五十三次』ですが、私が持っているものは
描きおろし原画集です。
大江戸博物館の水木しげる展で購入しました。(2005年ごろ?)
これが入手できるかどうかわかりませんので、
手ごろなものをご参考までに....

鬼太郎と行く妖怪道五十三次
興味のある方はどうぞ!


ネコのパラレル唐時代を楽しんだので、
これからしばらく1924年の中国を旅する予定です。

 


この本『西湖より包頭まで』は以前画像データで入手したのですが
読みにくく、古書を探していたところ運よく入手できました。
ちなみに出版は大正十五年 1926年です。



電子書籍として画像データを読んでいた時は、
日本から上海に上陸、上海を観光していたところで挫折しました。
やっぱり読みにくいです(>_<)

読みながらのメモは、「Pengzi de 雑記帳」 に記していこうと思っています。
興味ある方はぜひ!



~>゜)~<蛇足>~~

最初から読むよりも、北京あたりをよみたいです(^^ゞ



予定では、1920年代の中国を旅している予定が、
唐の時代まで行ってしまいました(^^ゞ

何気なくネットを見ていたところ見つけた画集
『画猫・梦唐』
唐時代の生活の様子を描いた有名な絵を
ネコバージョンにしたもの。

この手のものとしては、
Shu Yamamotoの『CAT ART』を持っているぐらいなので
興味津々購入してしまいました。


いや~~~ なかなか笑えます。
 


~>゜)~<蛇足>~~
おいらにも注目しろ!! by クジャ



~>゜)~<蛇足2>~~
日本語版もある模様。

かわいいねこの絵巻物 画猫・夢唐



北京を知るための52章(明石書店)...
おかげさまで第2刷が決まったそうです。

明石書店: 北京を知るための52章

北京に「住む」あるいは「住んだ」人の視線で、北京の歴史や暮らし、食文化、文化・芸能、社会などを紹介する。もっと北京を知るための主要参考文献や、コラムも収録。



~>゜)~<蛇足>~~

御縁があってこの本にかかわらせていただきました。
北京の諸先輩、専門家の方々がいろいろと書いていらっしゃいます。


北京を知るための52章(明石書店)

カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 4 5
9 10 11 12 13 14
15
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
P R
忍者カウンター
ブログ内検索
Copyright ©  -- 月月子的日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by White Board

powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]