忍者ブログ
中国・蘇州在住のヒッキーな、オタクなオバサンの日常
イシグロ氏についてはBooker Prizeを受賞したころから気にしていた作家さんです。
そのイシグロ氏がノーベル文学賞を受賞!!
村上春樹氏はありえないだろうとずっと思っていたのですが、
イシグロ氏にはなっとくです!!

というわけで、今日はお祝いをしながら
ステイシー・ケントさんの『Breakfast on the Morning Tram』というアルバムを聴いています。
この中にイシグロ氏の作詞の曲が数曲入っているんです。
とても素敵なCDアルバムですので、興味のある方は是非どうぞ!
(イシグロ氏作詞の歌は
 The Ice Hotel
 I Wish I Could Go Travelling Again
 Breakfast on the Morning Tram
 So Romantic  の4曲のようです)




PR
秋ですね。
と言いながら、蘇州では毎日30度近い日が続いています。.
でも、朝夕かなり涼しくなって秋を感じます。
そんななか
『99 Most Essential Autumn Classics』というCDを見つけて聞いています。

秋をテーマに、クラシック99曲を集めたCD集です。(3枚セット)


オープニングは、
グリークの序曲『秋に』。
そしてビバルディの『四季』の『秋』
で始まります。

オーケストラばかりでなく、コンチェルト、独奏曲、歌曲など盛りだくさん。

聞いていて、この曲って秋なの?と思う曲も。
改めてその曲について調べてみるのも面白いです。

この99曲の中に、
フルートとピアノによる中田喜直さんの『小さい秋見つけた』
が入っていました。
Yoshinao Nakada - Japanese Autumn Song for Flute and Piano
こういうところに日本の曲が入っていると、うれしいですね。



~>゜)~<蛇足>~~

このシリーズ、冬、夏も手に入ったので、聴き比べてみたいと思います。

戦前、こんなオルガンがあったんだ!とびっくりのオルガンの演奏を見つけました。

日本人にとってのオルガンのイメージは足踏みオルガンが基本になってしまいますが、
オルガンと言ったら、=パイプオルガンです。



教会用ではないこともあり、打楽器もついているという。
娯楽性が強いオルガンで、
今の時代の、電子鍵盤楽器真っ青の一品です。

さすがパイプオルガン、深みがある音で、スターウォーズのテーマ、素敵でした。

暑くて、何もする気になれず、
PC前に座って、あれやこれや鑑賞中。
頭がぼ~~~っとしているので、音楽メインです。
音楽なら何とか聴けるのですが、歌詞がある歌も避けたいし、
ドラマCDや、朗読もの、落語なんて御免こうむりたいし、
視覚も、使いたくないので、アニメも避けています(^^ゞ


そんななかこんなものを発見!
Classical Music Mashup  ごちゃまぜクラシックとでも言いましょうか....

Classical Music Mashup 2


有名なクラシック曲のメロディを切り張り、重ね一つの作品にしたものです。
この2曲似ていると思ったことがある!というメロディが重なっていたり、
なかなか楽しめます。

このメロディなんて曲名だっけ?と考え込むことも多かったりしますが
画面が楽譜になっていて、音符がそのメロディの作曲家の顔アイコンになっているので、
わかりやすいです。

視覚が!といいながら、これは面白くて注目してみてしまいました(^^ゞ
音がピアノ系の音だったこともよかったかな(^^♪








「木の十字架少年合唱団」の男の子たちが、にゃんこですよ!!!
お楽しみください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5 7
8 9
16 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
P R
忍者カウンター
ブログ内検索
Copyright ©  -- 月月子的日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by White Board

powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]